title_construction.gif

 

地震に強い、住まいを支える構造体「テクノストラクチャー」。
木造と鉄骨造、両方の良さを活かした新工法と独自の構造計算システムで、
大切なご家族様をお守りします。

 

title.gif

 

住宅は建った後で耐震診断をしても手遅れです。
テクノストラクチャーでは、一棟一棟ごとの構造計算(災害シミュレーション)を設計段階で行い、8段階388項目(多雪区域は440項目)におよぶ厳しい強度チェックを、すべてクリアした住宅だけが建設されるシステムを採用しています。

 

title2.gif

 

title2-1.gif

 

p1-1.jpg

大地震・台風・豪雪に耐えられる家かどうかを事前シミュレーションします。
補強が必要ならば改善を重ね、すべての項目がOKになるまで「何度でも」チェックを行います。

 

p1-2.jpg

 

 

title2-2.gif

 

item1_p.jpg

 

item1.gif

 

基礎に生じる力をチェック

家の重み、地震や風などにより基礎にかかる力をチェックします。

item2_p.jpg

 

item2.gif

 

柱に生じる力をチェック
床や屋根の重み、地震や風などにより柱にかかる力をチェックします。

item3_p.jpg

 

item3.gif

 

梁に生じる力をチェック
床や屋根の重みにより梁にかかる力をチェックします。

item4_p.jpg

 

item4.gif

 

柱接合部に生じる力をチェック
柱と土台などをつなぐ金具部分にかかる力をチェックします。

item5_p.jpg

 

item5.gif

 

梁接合部に生じる力をチェック

梁をつなぐ金具部分にかかる力をチェックします。

item6_p.jpg

item6.gif

 

耐力壁の量をチェック

地域に応じた積雪量や風の強さも考慮、十分な量の耐力壁が確保されているかどうかをチェックします。

 

item7_p.jpg

item7.gif

 

耐力壁の配置をチェック
耐力壁の配置バランスのチェックに「偏心率0.15以下」という厳しい基準を用いて全体的な壁配置をチェックします。

 

item8_@.jpg

item8.gif

 

床の強さをチェック
耐力壁が十分な強度を発揮するよう、それらをつなぐ床面・屋根面などの水平面もチェックします。


 

mark.gif

eligibility.jpg

 

 

title3.gif

 

p1-3.jpg

実大振動実験で震度7をクリア

テクノストラクチャーの構造仕様は、阪神大震災クラス(震度7相当)の揺れを5回に渡って加える実験もクリア。激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。

 

 

 

titke_buzai.gif

 

テクノストラクチャーの住宅は、構造部材の強度、品質にもこだわっています。
一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにまで細かな仕様を規定し、構造計算通りの強度を確保します。そのこだわりが、家全体としての高い品質、安定した構造性能を実現しています。

 

title4.gif

 

鉄と木の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に鉄と木の複合梁「テクノビーム」を採用。
接合部も金具で強化し、ムクの柱※1の1.5倍の強度を持つ集成材柱※2でさらに耐震性を高めています。

※1 ムク材:平成12年建設省告示第1452号に定める「すぎ」無等級材。

※2 集成材:平成13年国土交通省告示第1024号に定める強度等級E95-F315集成材。

 

material1.jpg

 

 

構造部材の接合部も強化

高強度な住宅を実現するオリジナル接合金具を使用。特に集成材柱と土台を接合する「ドリフトピン接合」は、
一般的な木造住宅の接合部の3倍もの強度を実現します。

material2.jpg

 


 

 

title5.gif

 

テクノビームのサビ止め処理

テクノビームの鉄骨のめっきには、「溶融亜鉛めっき処理」が施されています。
万一のキズにも保護被膜をつくる「犠牲防触作用」により、テクノビームをサビから守ります。
※切断面は防錆塗装です。

 

material3.jpg

 

万一キズが発生すると

塗装がはがれると内部までサビが進行します。

material4.jpg

 

万一キズが発生すると

亜鉛の作用で新たな被膜が生まれ、鉄を保護します。

 

 

 

title6.gif

 

p2-1.jpg

建物の足元を強固に支えるベタ基礎

「ベタ基礎」は耐震性・耐久性が高く、建物の荷重を厚いコンクリート盤でガッチリと支えるため、地震時の横揺れに対しても強さを発揮します。
また、基礎貫通部材等を使用することで、点検・補修もコンクリート躯体を傷つけずに行うことができます。
施工のことだけでなく、のちのちのメンテナンスにも配慮しています。

 

 

お気軽にご相談くださ。フリーダイヤル0120-840-325